横道 誠:グリム兄弟による「歌謡エッダ」(古ノルド語)のドイツ語訳(その1)

    ―「青年シグルズの歌」を例として―

   京都府立大学ドイツ文学会『AZUR(アツール)』7号(2015.2.) 所収 

 中山淳子:翻訳と考察『ドイツの伝説 ― グリム兄弟編集』から「コーボルト」

    文芸誌『KORN』3号(2014.8.)所収

 間宮史子:200歳を迎えたグリム童話―その現代における意義―

   『口承文芸研究』 37号 (2014.3.) 所収  

 丹菊逸治:国際口承文芸学会16回大会参加報告

    『口承文芸研究』 37号 (2014.3.) 所収

 川原美江:「フォルク」のいない文学

     ― ヘルダーからグリム兄弟にいたる民衆文学の構築 ―

   『ドイツ文学』148号 (2014.3.) 所収

 中丸禎子:人魚姫が浮かび上がるとき ― アンデルセン『人魚姫』における

    主体的な女性とデンマークの人魚モチーフ文学作品における原型 ―

    『ドイツ文学』148号 (2014.3.) 所収

 植 朗子:『ドイツ伝説集』における<人間が生る木>伝承と神話的樹木

     『ドイツ文学』148号 (2014.3.) 所収

 鈴木満:ルートヴィヒ・ベヒシュタイン編著『ドイツ伝説集』試訳(その1~6)

     武蔵大学人文学会雑誌第44巻~46号 (2012.11~2014.10)所収

 

Roelleke,Heinz: Wess-Rot-schwarz:”Die drei Farben der Poesie”. 

   Zu Farbspielen in Grimms Schneewittchen-Maerchen und anderwaerts

   in: "Fabula" Band 54, Heft 3/4 (2013)